「本物」を求め続ける
モノづくりの姿勢
私たちのこだわりとは何か。それは「本物」と呼ばれる商品をご提供することです。私たちの考える「本物」とは「価値のある商品」。眼鏡における「価値」を創りだすために限界まで探求するのが私たちの企業姿勢です。日本の眼鏡メーカーだからこそできる信頼ある国内工場との連携により、機能性、デザイン性、品質に優れた確かな商品をご提供いたします。国内外の情報を積極的に取り入れ「差別化」を図れる商品のご提案を行ないます。
「価値ある商品」を
「価値ある価格」で
商品の価格というものはその商品の価値を示すものです。創業時より私たちはその考え方に忠実であり続けました。時間をかけて作り上げたものだからこそ、価値ある商品だからこそ、それにふさわしい売り方にこだわりたい。「価値ある価格」で売ることがその商品が「本物」であることの証であり、お客様に安心して手に取っていただける、その価値を高めていける第一歩であると考えます。 ブランド価値を広めていく努力は惜しまない企業であり続けたいと思います。
最高の商品は最高の
チームプレーが生み出す
私たちの「モノづくり」はチームプレーで成り立ちます。特にエンドユーザーであるお客様のご意見は大切な情報源。出来る限りたくさんのお声を聴かせて頂き開発改善へ役立てます。また、生活者との接点である小売店様からはデザインや素材、機能はもちろん、どのようなものが求められているのか、みなさまのご意見を参考に新たな商品企画開発が始まります。企画をカタチにする製造工程においては、匠の技を持つ限られた職人や最高の技術や設備を持つ協力工場との連携により最高の商品を生み出しています。お客様、小売店様、製作現場、そしてわが社。このチームが強力に手をつなぎ合い「本物」を作り上げています。私たちの役割は、チームが最高の結果を生み出せるように、コーディネーターとしてとことんこだわり続けることです。

copyright © glasses partner co.,LTD. All Rights Reserved.